軽い痛み

歯を移動させる矯正歯科

歯科治療(矯正歯科)で歯に装置をつけている人を見かけたことはありますか。矯正歯科で使う装置は、プラケットという金属の小さな金具を、すべての歯の表面に1個ずつ貼りつけ、プラケットのまん中の溝にワイヤーを通すという構造が基本です。この装置は歯に移動する力を加えるためのものです。歯を動かすためには、ワイヤーをゴムなどでプラケットに固定します。こうするとワイヤーの力がプラケットを通して歯に加わり歯を移動させる治療です。(歯が移動すると軽い痛みがある)矯正歯科で使う装置はごく小さいとはいえ、いきなり歯の表面にデコボコした部品がつくのですから、最初のうちはかなり違和感があります。しかし、数日から1週間程度で気にならなくなります。

歯が移動すると軽い痛みがある

大人(矯正歯科)の場合、最初のうち、歯の移動(動き)が悪い人が多いともいわれますが、いったん移動し出すと、それ以降はスムーズなので心配はいりません。歯が動き出したサインは、歯が浮くときに似た軽い痛みを感じることです。2回目以降の通院では、歯の動きに合わせてワイヤーを締める処置をしますが、この直後から数日間は、痛みに似た違和感が出ます。ただし、痛みや違和感は数日しか続かないので、怖がる必要はありません。その間は、硬い食べ物を避けるようにしましょう。ふだんの生活に支障が出ることは、ほとんどないでしょう。金属の装置をつけるのにどうしても抵抗がある人は、セラミック製の白いプラケットを選ぶのも一案です。ただし金属よりも力の伝わり方が弱いため、治療期間が長くなり、費用も高くなる場合があります。